マイナンバーの活用方法とは

医療分野でのマイナンバーの活用によって、患者サービスの充実と業務効率化の実現が期待されています。
例えば、社会保障サービスの申請時の手続きがスムーズになります。提出しなければならない書類の種類が減るだけではなく、書類に記入されていない詳細な情報にもオンライン照会を活用することでその場でアクセスすることができます。より正確な状況を把握でき、また最適な保障を選ぶことができるため、給付ミスの予防にも繋がります。
健康診断の結果なども一元管理することができるため、患者の普段の健康状態が把握しやすくなり、正確な診断や適切な治療につなげることが可能です。検診で異常が発見された場合や他院への紹介を行う場合、基本的に紹介状が必要となります。しかし、オンラインでデータ照会できれば、紹介状なしでも受診することができ、スムーズな受診につながるのではないでしょうか。さらに、個人の治療データを集約し分析することで、より効果の高い治療法の確立など、医療の質そのものを向上させることも可能です。
マイナンバーの適切な取り扱いのために、医療機関では就業規則の改定や追加、スタッフ全員への内容の周知を行わなければなりません。事務スタッフはもちろん、看護師などにもこれまで以上に個人情報についての知識と高い意識が必要になります。医療スタッフにとっては覚えることが多く、また取り扱いにも最新の注意が必要となるため面倒な制度かもしれませんが、この制度により、より良い医療体制が作られていくこと期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です