電子カルテの一元化による影響

国民1人1人に番号を付与することで管理しやすくするためのシステムであるマイナンバー制度。制度が導入されたことにより、様々な行政手続きに影響が生じています。
国や地方公共団体との関わりが深い業界ほどその影響を強く受けていますが、その影響は医療業界にも波及しています。実際に問題になるほどの大きな影響は出てきていないものの、今後普及していくに中で、現場の変革が求められていくことは明らかではないでしょうか。
将来的に実施されることが予定されている施策の中でも、現場に大きな影響を生じさせる可能性が高いのが電子カルテの一元化です。これまでの病歴や薬歴などを1人1人に割り振られているマイナンバーに紐付け、電子カルテで管理することで、全国どの病院を受診したとしても、情報の共有が可能になるという施策です。
このことは医療関係者であれば理解しておかなければならないことであり、カルテはもはや個々の病院だけで使用されるものではなく、全国の病院で共有する情報となっていきます。
オンライン管理をすることで、これまでの診察データに全国の病院からアクセスできるようになるため、今後は受診履歴や治療履歴を把握したうえで治療を進めていくことが要求されるようになります。
これまで紙カルテを用いていた病院は、電子カルテの使い方から覚える必要があるため大変かと思います。しかし、電子カルテの一元化により適切な医療を実施できる可能性が高まることから、前向きに活用していくことが求められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です