早急な業務のデジタル化

医療現場では作業効率を向上させる取り組みが盛んに行われており、電子カルテを用いたり、書類手続きをパソコン上で行えるようにしたりする電子化が進められています。大きな病院ではほとんどが電子情報システムを導入するようになっており、作業効率の向上を実現すると共に、機械的にミスを減らす仕組みづくりが行われています。
しかし、このような取り組みは必ずしも全ての医療機関で行われているわけではなく、アナログで仕事が行われている現場も多いのが現状のようです。
特に小規模なクリニックではアナログでの業務を行っている傾向が強いですが、その背景にはアナログでもしっかりと管理でき、十分な治療を実施できているということがあります。逆に、小規模なクリニックなどではデジタルに移行することのほうがコストがかかる、ということで移行しない場合が多いようです。
しかし、マイナンバー制度が始まり、医療等IDの導入が進められることになったことにより電子化を余儀なくさせる状況を生んできています。様々な手続きが電子化されていくため、小規模なクリニックであっても情報システムを導入して電子化して全てを管理することが不可欠になってきているのです。
マイナンバー制度が本格化していくことはクリニックにとって大きな出費を伴うことになってしまうリスクがあるものの、対応することが急務になっています。しかし、一度導入してしまえば作業効率の上昇が期待できるのが情報システムであり、長期化を視野に入れ積極的に取り組むクリニックも多くなってきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です